2016年11月以降から、カナダへの空路での渡航はeTAが必要になりました。

eTAは申請自体はESTAと同様、設問自体は簡易的なもので構成されています。

ただ、他のオンライン申請のビザ同様でタイムアウト制を設けており、時間に注意を払いつつ申請に臨まなければなりません。

本記事はeTAの申請手順を、実際の画像を参照しながら簡単に解説していきます。

 

申請の前に、今回入力する情報を予めメモ帳等でコピー&ペーストしておくと後々の作業内容を時短出来ます。

以下に記載しているので、参照してみましょう。

【各国共通】ビザ申請前にメモ帳を活用しよう!

パスポート、渡航者情報、クレジットカードの準備

ESTAと同様に、以下の3つの情報を準備します。

・パスポート

・渡航者および渡航情報

・有効なクレジットカード

 

eTAにおける渡航者および渡航情報の項目では、勤務先の業種・職種を回答する項目があります。

業種リスト

芸術、文化、レクリエーション、スポーツ

金融、管理

教育、法律、社会福祉、地域・行政サービス

保険医療

主婦/主夫

経営管理

製造、公営事業(電気、ガス等)

軍事、防衛

自然、応用化学関連

天然資源、農業および関連生産業

退職済

営業・販売、サービス業

学生

電気技師、配管工、大工、交通、機械機器交差関連

無職

 

職種リスト

 

上記を見て、それぞれ自分に適当なものを選びメモを取っておきましょう!

 

 

カナダeTA申請サイトにアクセスする

電子渡航認証(eTA)を申請する

カナダeTA申請サイトにアクセスしましょう。

ページ下部まで進み…

”eTAを申請する”をクリックしてからタイムリミット付きの申請が始まります。

ここで前述までの情報を今一度確認しておきましょう。

 

Do you have a passport issued by France?(フランス国籍のパスポートを所持しているか?)

ここは基本的には”No”を選択し、Continueをクリックします。

Are you applying on behalf of someone?(誰かの代わりに申し込もうとしているか?)

誰かの代わりに申請する場合は、”Yes”を、自分自身の申請は”No”を選びます。

 

カテゴリー: カナダ